メニュー 閉じる

学長・学部長挨拶

中国トップレベルの外国語大学への誘い
彭 龍
北京外国語大学 学長

北京外国語大学は北京市海淀区西三環北路に位置し、三環路を挟み東西二つのキャンパスに分かれております。本学は教育部[日本の文部科学省にあたる]が直轄し、最初に中国の国家プロジェクト「211工程」[全国で約100校の重点大学を定める]対象校に指定された高等教育機関であり、さらに「985工程」[世界レベルの大学を構築するため「211工程」指定校より約40校を指定]によるイノベーション・プラットホーム、すなわち一流の学科を構築する国家プロジェクト対象校に指定された高等教育機関でもあります。

本学は中国共産党によって創設された最初の外国語高等教育機関で、前身は1941年に建学された延安外国語学校です。新中国成立後は外交部の管轄に属し、1954年に北京外国語学院と改称され、1980年以降は教育部の管轄となり、1994年に北京外国語大学に改称されました。

現在、98の外国言語の授業を開設しており、延安精神を継承し、国家の政策に寄与することを堅持しております。現在すでに中国と国交のある175か国の公用語を基本的に全て開設しており、2020年までにこれを100言語以上にしたいと計画しています。本学には115の専攻科があり、うち41の専攻科は本学にしかない専攻科となっています。現状では国家重点学科は4 科、北京市重点学科は7 科を有しております。

人材管理システムの刷新により、教師陣のレベルを全面的に引き上げ、現在の教職員数は1,269名、世界54か国・地域からの外国籍教員は165名となっています。教師の90%以上は海外での教学経験を有しております。

過去78年にわたり、本学は国内の最も優秀な外交官、政治家、弁護士、記者、学者、実業界のリーダー、そして数多の専門人材を育成し、中国と世界の懸け橋となるべく力を尽くし、各文明間の融合と文化の多様性を促進し、中国では「共和国外交官の揺籃」という栄誉を得ております。

私たち北外はすべての学生に家族のような温かさと、同時に厳格で多様な学科の専門的カリキュラムを提供しています。北外は小さくとも、一人ひとりの学生を大切にしています。一方で北外は十分に大きく、学生の誰もがワクワクしてもらえる大学生活を過ごしてもらっています。北外では、学生の誰もが自分の学問的潜在能力を発掘でき、多様なサークル活動を享受でき、広範な社会的実践に参加するチャンスを得られると、私たちは信じています。

あなたが北京外国語大学に来て学ばれることを歓迎します。ここでは、多元的文化の雰囲気を体験できる上に、あなたの独特な個性を持ち続けることができます。ここでは、あなたに最良の学業と個性を伸ばす機会を提供しています。

異文化交流のプラットフォームを構築
詹 福瑞
北京外国語大学 中国語言文学院(中文学部) 学部長

北京外国語大学は教育部直轄の全国重点大学の一つであり、中国の高等教育機関の中で最も長い歴史を有する、最も多くの言語を教授する、教育体系を完備している外国語大学です。

北京外国語大学中国語言文学学院(以下、「中文学部」とする)は中国人学生教育と留学生教育を一体化した教学研究機関であり、中国で最も早くに留学生を受け入れ、留学生教育にたずさわった学部であり、中国で最も早くに中国語国際教育専攻科(対外中国語専攻科の前身)と中国語国際教育修士専攻科を設置した学部の一つです。本学部は多岐の分野にわたる学科を有し、経験豊富で、職務に熱心な人材をそろえています。現在は専任教師が70 名近く、兼任教師が60 名近くおります。そのうち高位職階の教師は全教教師の50%を占め、博士学位を有する者は全教師の56%を占めます。また大多数の教師は海外での教学、職務経験を有しています。

中文学部は高度にグローバル化された学部であり、その下に中文学科、対外中国語学科と中国語研修訓練センターという三つの教育部門があります。本学部の全専攻科はいずれも世界に向けて新入生を募集し、また国家漢弁(国家漢語国際推広領導小組弁公室〔国家漢語国際普及指導グループ事務室〕の略称)の新中国学計画の受講生を受け入れ、育成しています。

現在本学部の国内外を合わせた在学生は1,300 名近く、内訳は中国人学生600名近く、留学生700 名近くとなっています。留学生は世界の50 近い国から、中国人学生は国内各地から来ております。同じ学部で学び、同じ教室で授業を受け、自由に交流することで、他では得難いグローバルな学習環境を形成されています。

中国と外国の学生の学習のために異文化交流のプラットフォームを構築し、学生たちの学習効果と異文化コミュニケーション能力を著しく向上させています。

各国の外交分野などで活躍する卒業生
張 曉慧
北京外国語大学 中国語言文学院(中文学部) 執行学部長

中文学部の本科留学生教育は、中国語に精通した、中国文化および国情に熟知した優秀な人材の育成を目標としています。4 年制本科留学生の募集は春期と秋期に分かれており、現在約400 名の在校生がおります。

中文学部の本科留学生教育は1992 年に始まり、今では整った教学モデルとカリキュラムを構築しており、教学全体設計、カリキュラム編成、テストと評価、教学指導と授業評価制などを含む総合的な教学管理制度を確立しています。知識の体系性はもちろんのこと、学生の言語コミュニケーション能力の育成にも非常に力を入れています。専攻に関しては、中国語専攻を基礎に、中国語語学、文学文化、経済貿易、中外翻訳、中国語教員養成の5つの専攻コースがあります。

長年にわたり中文学部は日本、韓国、マレーシア、タイなどの大学と学術交流およびパートナーシップを築いてきました。日本NPO 国際交流教育後援会、マレーシア政府、マレーシア・マラグループなどは毎年選抜した学生を中文学部に派遣しています。また、外国の大学と連携して本科留学生を育成するダブルディグリー(2学位取得)プログラムもあり、「2+2」、または「3+1」の方式で協力しています。

本学部はこれまでに2,000 余名の本科留学卒業生を送り出しました。卒業生はそれぞれ世界各国の教育、文化、経済貿易、外交などの分野において活躍し、中国とほかの国々との協力および交流に積極的に貢献しています。