メニュー 閉じる

後援会理事長挨拶

皆さんの将来への夢を大きく実現させてください
武田 哲一
特定非営利活動法人 国際交流教育後援会 理事長

今や、世界第二位の経済大国になった中国。日本を始め世界は、中国経済と密接な関係なしに成り立たなくなっていると言っても過言ではないでしょう。また、中国語を母国語とする人口は、中国語を公用語とする中国、台湾、シンガポール(大中華圏)以外にも、世界中に分布しており、まさに世界一です。

このような状況下、今、中国では留学生が急増しています。北京外大も同様に、韓国や日本は勿論、北米や欧州からも多くの留学生を受け入れています。元々、外交官や通訳者養成を目的として、留学生を積極的に受け入れて来た北京外大は、中国では最重点大学の一つであり、超難関校としても知られています。勿論、その中国語教育レベルの高さは世界トップクラスと言えます。しかも50ヵ国以上の留学生が集うキャンパスはウルトラグローバル。留学生受け入れ環境も抜群で、温泉プールにスポーツジム、カフェは、夜遅くまで、各国からの留学生の活気で満ち溢れています。これから卒業される学生にとりましては、1 年後に東京オリンピック開催という、大きな国際社会としての目標があり、国際人としての活躍の場が定まっております。

我がNPO法人が提供する北京外国語大学中文学部正規留学プログラムは、学内では、敬意を持って「香坂班」と称される日本人留学生だけのために設けられた特別なプログラムです。ゼロスタートから4 年間で学位取得を目指せる正規留学プログラムは、世界でも類を見ないのではないでしょうか。NPOでは、北京外国語大学中文学部の東京事務所として、受け入れ窓口の役割を担うだけでなく、組織された保護者会と密接に連携、入学後の学習・生活指導、卒業・学位取得支援そして就職支援に至るまでの支援体制を取っています。

大学との強い連携により、学部内に、専用の常設事務所を設置、法人職員1 名を常駐させています。どんな緊急時にも最良の対応が可能な体制は、必ずや、皆さんの中国留学を成功に導くはずです。4 年間の北京留学はきみを変える――中国語そして中国を学び、皆さんの将来への夢を大きく実現させてください。

NPO主催2019年度入学者結団式
香坂順一教育理念について
井戸を掘った人の名は消えない
香坂 順一
元NPO法人 国際交流教育後援会名誉会長

【プロフィール】
大正4年(1915年)6月7日生、昭和13年東京外語支那語部卒業、中国嶺南大学(現中山大学)修了。横浜高商、台北高商、台湾大学法政学部、大阪市立大学教授、北京大学外籍教授、大東文化大学学長、日本中国語検定協会理事長、北京外国語大学董事(理事)。
主著「現代中国辞典」「水滸伝語彙の研究」「白話語彙の研究」「中国語大辞典」(角川書店)など。平成15年(2003年)7月22日没。

日本有数の中国語学者・香坂順一は、大東文化大学学長のときに実現した北京外国語大学との間の固い提携を基盤に、同大学長の退任前後に交渉を重ね、1992 年、長年の夢であった日本人留学生のための4 年制本科、「国際交流学部」(現中文学部)設立の協定を結びました。

 日本人学生の理想的な教育環境を作り上げたいという香坂順一の熱情に、中国政府・大学側も最大の厚意で応え、同大学及び他国からの留学生と異なる学制を設けて、日本社会の慣例に沿った4 月から3 月の学年度、日本人講師による教養課程の履修などが認められました。さらに卒業によって、北京外国語大学の卒業証書、学士号証書の授与が定められました。この留学システムは、中国はもとより、世界においても稀有のものといえましょう。

中国には、「井戸を掘った人を忘れぬ」という成句があります。

香坂順一と北京外国語大学が、未来を築く共通の理念と、努力を惜しまぬ共同の作業で設立したこの学部は、時代の変遷とともにアジア・欧米の学生にも門戸を開き、名称も変わりました。しかし北京外国語大学は、この留学システムを、今も公式に「香坂班」と呼んでいます。

2019年度卒業式合同記念撮影